コンテンツマーケティング|株式会社シンバス

Service

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングが成功する6つの理由

成功する6つの理由

全ての工程に、スペシャリストを配属

シンバスが監修するコンテンツマーケティングは、ただコンテンツを制作・販売するだけのサービスではありません。また、オーガニック流入の増加のみにフォーカスしたサービスでもありません。

私共はまずお客様のビジネスの全体像を理解し、その中で、WEBサイトが果たすべき本当の目的は何なのかを明確にします。その上で、ユーザーとお客様、双方にとって価値のあるWEBサイトを構築することが、シンバスのコンテンツマーケティングです。そして、それを実現するためには、コンテンツマーケティングがなされていく全工程にスペシャリストを配置し、あらゆる角度からWEBサイトを考察することが必要不可欠です。
以下に、シンバスのコンテンツマーケティングが成功する6つの理由を実例を交えながらご紹介します。

1.WEBコンサルタントによる綿密なヒアリング

WEBコンサルタントによる綿密なヒアリング

Consultant

ERINA SUZUKI

  • グローバルコンシェルタント本部
  • コンサルタント
    鈴木 瑛里奈

WEBサイトの目的を明確にする

WEBサイトの目的は、商品の購入、資料請求、来店予約、会員登録、ブランディング等、お客様によって千差万別です。また、扱う商品やサービスによって、ターゲットユーザーや目的達成へのアプローチが全く異なります。シンバスのコンサルタントの最初の仕事は、まずお客様のビジネスの全体像を把握し、その中でお客様のWEBサイトが果たすべき本当の目的を明確にすることです。その上で、コンテンツマーケティングがどれだけ貢献出来るのかを見積もり、正しくお伝えするところからスタートします。

事前にあらゆる課題を把握する

サイトに訪れるユーザーにとって、本当に価値のある情報は何なのか。そして、それを伝えるための最適な方法は何なのか。これらをお客様との綿密なヒアリングから導き出します。その上で、現在のWEBサイトが抱える問題や改修点を洗い出し、WEBサイトをどのように変えていくべきかをお客様と共に検討し、実現可能なラインを見極めていきます。コンテンツマーケティングがなされていく上で最も重要な課題の共有を、事前のヒアリングで確実に実行します。

2.コンテンツディレクターによる確かなプランニング

コンテンツディレクターによる確かなプランニング

Director

HAYATO OGAWA

  • グローバルメディアチャネル本部
    コンテンツ制作チーム サブマネージャー
  • ディレクター
    小川 颯人

コンテンツマーケティング戦略の策定

コンテンツディレクターは、ヒアリングによって得た情報を基にしつつ、現在のWEBサイトに記載されている情報を完全に把握した上で、WEBサイトの目的を達成させるために必要なコンテンツの内容と、現状の課題解決のために必要なコンテンツの内容を決定します。既存ページの情報をリッチにするのか、あるいは新たにページを追加すべきなのか等、具体的な実装方法を企画し 最も効果的な手段を選択します。

記事テーマ設定とキーワード設計

本当にユーザーを満足させるための記事とはどんなものなのか、サイトの目的達成のために必要な記事は何なのか。有意義かつ機能的な記事を作成していくためのコンテンツ設計と記事テーマの策定を行います。検索ユーザーの幅広いニーズに答えるための全体のキーワード設計はもちろんのこと、サイトへのロイヤリティが向上するような、魅力的な記事テーマを設定します。

3.専属ライターによるハイクオリティなWebライティング

専属ライターによるハイクオリティなWebライティング

Writer

AMI OHASHI

  • グローバルメディアチャネル本部
    コンテンツ制作チーム
  • ライター
    大橋 亜美

ユーザーと検索エンジン、双方に価値が伝わるコンテンツ制作

WEBサイトに掲載される情報は、場合によっては発信者の伝えたいこと「しか」掲載されていないことがあります。訪れるユーザーを満足させつつ、ビジネスの目的を達成させられるようなコンテンツの制作は、適切なWEBライティングなしでは困難です。また、検索エンジンにとっても、ターゲットとする検索キーワードで、見せたいページが正しくインデックスされることが望ましいです。双方を同時に実現するためには、WEBライティングの力が必要不可欠です。

インタビューからライティングまで一貫したオリジナルコンテンツ制作

当然のことですが、シンバスが作るコンテンツは全て自社制作のオリジナルなコンテンツになります。たとえ商品についての一般的な情報であっても、書き方を工夫して、よそでは見れない魅力的なコンテンツにすることが可能です。基本的には、現場の方へのインタビュー取材からテーマを徐々に深掘りし、価値のあるコンテンツを作っていきますが、難しい場合は独自に取材を行い、ユーザーニーズに答えるコンテンツを制作します。

4.WEBデザイナー&エンジニアによる最適実装

WEBデザイナー&エンジニアによる最適実装

Designer

YUTA NAKANO

  • グローバルメディアチャネル本部
    開発チーム
  • デザイナー
    中野 裕太

全てのケースに対応可能

既存サイトにコンテンツを追加したい、サイトリニューアル時にコンテンツを増やしたい、または新サイトを立ち上げる際にコンテンツを入れたい等、コンテンツマーケティングをお考えのお客様のあらゆるご要望にお答えすることが出来ます。もちろん、現在お取引のあるWEB制作会社がある場合でも、先方と連携しながらコンテンツを実装します。必要があればデザインの方向性やサイト設計、SEO内部施策等についてご提案し、お客様のビジネスを加速させます。

豊富なサイト制作経験を活かした開発力

コンテンツマーケティングの導入をご検討中のお客様には、既存のデザインイメージを保ちつつコンテンツを実装したいとお考えの方も多くいらっしゃいます。シンバスのデザイナーエンジニアチームは、お客様のご意向を最大限尊重しながら、なおかつユーザーにとって読みやすく、伝わりやすいデザインで実装します。また、コンテンツページを確実に機能させるためのサイト構造の見直しやサイト内リンクの設置、バナー制作や、場合によってはサイトのレスポンシブ化や高速化も実施します。

5.アナリストによる効果測定とサイト分析

アナリストによる効果測定とサイト分析

Marketer/Analyst

YUSUKE OHASHI

  • グローバルメディアチャネル本部
    マーケティング運用チーム
  • マーケッター/アナリスト
    大橋 勇介

施策の効果測定とコンテンツの見直し

コンテンツマーケティングは、実施後ただちに結果が現れる施策ではありません。ある程度の期間をかけてコンテンツを実装していきます。その過程で都度効果測定を行い、期待される結果が得られないときはその原因を探り、仮説を立てて、改善案につなげていきます。当初のキーワード設計や記事テーマより効果的なものが見つかれば適宜チューニングを行い、PDCAサイクルを回していきます。運用フェーズで取得されるデータを各セクションと共有し、施策の最適化を行います。

サイト分析と改修案策定

コンテンツ実装フェーズのサイト分析によって、事前に洗い出されていた課題が再度浮き彫りになるケースが多くあります。お客様のWEBサイトの目的達成のためには、コンテンツの追加だけでは不十分なケースもございます。アナリストは現状のサイトパフォーマンスを細部まで解析し、データに基づいた課題を担当コンサルタントと協議し、実現可能な改修案を策定します。

6.Webコンサルタントによる改善策提案

コンサルタントによるさらなる改善策の提案

Consultant

SATOSHI TANAKA

  • グローバルコンシェルタント本部
    ソリューションチーム サブマネージャー
  • コンサルタント
    田中 諭

連絡を密に、柔軟に対応

施策の結果が現れるまでの間も、定期的にコンサルタントからご連絡を差し上げます。お客様のビジネスや商品に変更があればコンテンツの見直しやプランの修正を検討し、柔軟に対応します。コンテンツマーケティングのみならず、弊社のコンサルタントはあらゆるWEB施策に精通しておりますので どんなことでもお気軽にご相談ください。

さらなる改善策の提案

アナリストと連携し、お客様のWEBサイトをより機能的にするための改善策を提案し続けます。繰り返しになりますが、コンテンツマーケティングはコンテンツを制作・販売するだけのサービスではありません。お客様のビジネス全体の中で、WEBサイトが果たすべき目的を成し遂げるためのマーケティング手法です。常に訪れるユーザーを満足させることにフォーカスし、お客様のWEBサイトの価値を高めていきます。

コンテンツマーケティング導入事例

コンテンツマーケティングが施されていく過程は、WEBサイトによって様々です。そのため、各工程をお客様に合わせてカスタマイズする必要があります。シンバスのコンテンツマーケティングは各工程についてスペシャリストが担当するため、柔軟な対応が可能です。以下にその実例をご紹介します。

ヒヤリング

とにかくオーガニック集客を増やしたい!といったご要望はとても多く、コンテンツマーケティングにSEO効果「のみ」を期待されている方もいらっしゃいます。しかし、 目先のSEO効果のみを追求し、WEBサイト本来の目的を見失ってしまっては本末転倒です。そうならないためにも、まずコンサルタントが綿密にヒアリングを行い課題解決までの共通認識を作ります。

矢印

もちろん、コンテンツマーケティングが正しく実施されれば自然検索流入は増えていきますが、課題解決までの共通認識が固められていると、その後の施策に違いが出てきます。 ユーザーとお客様、双方にとって有益なWEBサイトを作り上げていくことが、結果としてコンバージョンの最大化につながっていくのです。

プランニング

「毎日ブログに記事を書いているが、WEBサイトへの効果を感じることが出来ない・・・」と、お悩みの方は多数いらっしゃいます。どんなに面白い記事でも、それが正しく「機能」しないと意味はありません。これはコンテンツマーケティングにおいても同様で、コンテンツを正しく機能させるには確かなプランニングが必要不可欠です。

矢印

どのようなコンテンツを作れば、どのような効果が期待出来るのかを、コンテンツディレクターは熟知しています。WEBサイト全体の キーワード設計を見直すところから始まり、個々の記事テーマを策定しコンテンツの実装スケジュールを組んでいきます。そしてそれを最も機能させる形での、具体的なプランをご提示します。

webライティング

専門知識が必要な業界だから、コンテンツ制作を外部に委託するのは難しいとお考えではありませんか? 実はそのような業界こそ、コンテンツマーケティングが効果を発揮しますが 見込みユーザーのロイヤリティを高めファンを獲得し、コンバージョンさせるには確かなWEBライティングスキルが求められます。

矢印

訪れるユーザーが抱く情報へのニーズは幅広く、初歩的なものから専門的なものまで多種多様です。あくまでも ユーザーを満足させるコンテンツを制作することを第一に考え、インタビューや取材によってテーマを深掘りしながら 検索エンジンにも正しく伝わるように制作することで、コンテンツの価値、WEBサイトの価値を高めていきます。

デザインコーディング

既存のページにコンテンツを追加する場合、ただそのまま追加しても効果が弱い場合があります。基本的なSEO内部施策がとられていない、情報構造に問題がある、UXが良くない・・・など、要因は多岐にわたります。しかし、 実装前段階でしっかりと把握出来ていれば、改修することは可能です。

矢印

コンテンツの実装までに明らかになった問題点については、こちらから事前にお伝えし、対応させていただきます。要件によっては別途工数がかかる場合もございますが、ご予算の範囲内での部分最適化も承っております。 良質なコンテンツを理想的な状態で配信出来るように、WEBサイトの細部までチェックします。

効果測定とサイト分析

大抵の場合、コンテンツを実装したことによりユーザー行動が変わり、よりコンバージョンを高められる施策が浮き出てきます。逆に、 事前に把握していた課題が、さらに顕在化することも少なくありません。そのユーザー行動の変化を的確に捉えるには、定期的な効果測定が欠かせません。

矢印

施策ページのパフォーマンス分析や流入キーワードのチェック結果を適宜各担当者にフィードバックし、PDCAサイクルを回します。エントリーフォームの最適化や、コンバージョン導線の見直し、サイトのリニューアル等、コンテンツマーケティングの効果を最大化させるために 考えうる全ての施策をデータから抽出し、コンサルタントと共有します。

改善策提案

解析結果から導き出された問題点をお客様と共有し、WEBサイトの目的を達成するための「次の一手」をご提案します。また、オフラインでのキャンペーンやその他の広告施策の提案等、コンテンツマーケティングの範疇を超えて コンサルティングさせていただく場合もございます。

矢印

お客様のビジネスの全体像を理解するところからシンバスのコンテンツマーケティングは始まります。また、 コンテンツマーケティングが施される過程において、より一層お客様やユーザーへの理解が深まるため WEBサイトの枠を超えたご提案をすることが可能となります。

結果が出る

このように、シンバスのコンテンツマーケティングは各セクション毎のスペシャリストが有機的に連携してながら実施されていくため お客様のビジネスに確かなインパクトを与えることが出来ます。ユーザーとお客様、双方にとって価値のあるWEBサイトを構築するには確かなスキルと継続的な施策が必要なのです。

シンバスのコンテンツマーケティングは、各セクションのスペシャリストが持てるスキルを結集させて作られます。
施策後もWEBサイトを継続的に発展させるために、改善提案を続けていきます。

お電話での
お問い合わせ

03-5847-7610

メールでの
お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら